先週ご紹介した「情報セキュリティ10大脅威 2016」の中で、ぜひみなさんに知っておいていただきたい脅威がもう1つあります。
それは、前回のランキングではランク外だったところから、今回第3位に急浮上してきた「ランサムウェア」です。

ランサムウェアとは、マルウェア(※)の一種。
感染すると、ファイルやデバイス自体に暗号化やロックをかけてしまい、これを元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求されます。支払金額は、数万円の場合が主流です。
(※)ウイルスやスパイウェアなど、悪意のあるソフトウェアの総称。

日本語の流暢なランサムウェアが徐々に増加しており、それに伴い国内での被害も漸増しています。
今後は、より日本人にフォーカスしたランサムウェアが登場してくるかもしれません。
「身代金」を支払っても暗号化されたファイルが復元するとは限らず、感染するとファイルも金銭も失う可能性があるので、きわめて悪質なマルウェアだと言えます(`ヘ´)=3

ランサムウェア対策としては、怪しげなリンクやファイルはクリックしないことや、セキュリティソフトなどでの感染予防のほかにも、定期的なデータのバックアップが効果的!
マルウェア感染に限らず、PCが起動できなくなったりといったトラブルはいつも突然起きるもの(;・∀・)
データバックアップの習慣は大事ですね\(◎o◎)/!

(最近スマホを復元したので、バックアップの重要さが身にしみている おび)