最近、SNSのみならず、ニュースメディアにもデマ情報があるみたいで、剣呑です(・・;)
注意喚起の話題や、知ってるとお得な話題だと、つい友達に知らせたくなるもの。
でも、SNSやブログで取り上げちゃうと、拡散に一役買ってしまいますし、デマだと分かった後の始末に訂正するのも大変。
昨年のアメリカ大統領選挙で、いろいろデマが飛び交ったみたいで、それで選挙結果が変わったとかなんとか・・・という情報もデマかもしれない!と考え始めると、何も信じられなくなってきます(-_-;)
編集・加工技術の進化で、画像や映像があれば信じられるというわけでもなくなってきてて厄介です(・ε・)
銀行やSNSの運営会社を装った迷惑メールも、昔は言葉使いがおかしかったり、日本では使われない漢字が使われてたりして、公式のメールではないとすぐに分かりましたが、最近はちゃんとした日本語だったりするので、一瞬ドキっとしたりします。
でも、配信元メールアドレスやリンク先のURLを見れば、やっぱり公式とは違うんですよね。
そのうち、メールアドレスやURLも技術の進化で偽装できるようになってしまうのでしょうか・・・。
パスクリップ関連のメールは必ず「@passclip.com」から届くようになっています。
もし、パスクリップ運営チームを装ったメールが来ても、だまされないようにお願いいたします!
また、重要なお知らせは、必ずアプリの「お知らせ」に掲載しますので、ご確認ください(。_。)
(進化しすぎてめんどくさくなるのはやだなぁ/おび)