「振り込め詐欺」といえば、おじいちゃんおばあちゃんが狙われるモノ…というイメージが強いですよね!
それが最近は、なんと企業で起きているんです!

被害は国内外で相次いでいて、全世界での被害総額は、2016年6月までで、日本円にして約3450億円!

添付ファイルを開けちゃってウイルス感染!……というモノとは違い、振込みまでさせるのはハードルが高いもの。
ましてや現役バリバリの企業人が引っかかることは少ないように思えますが、企業間の取引なので、一度引っかかってしまったときの金額が大きいのが特徴です(;>д<)

この詐欺、企業狙いなだけあって、手口がとても巧妙なようです。
ターゲット企業に届くメールを盗み見て周到に準備したり、上司や取引先企業のメールアドレスや文面に近いものを使い、本物の指示だと誤認させたり……
そのほか、文面に「極秘案件なので他言禁止」「協議中で電話応対できない」などと書くことで外堀を埋めて受信者を孤立させるなど、個人向けの詐欺メールとはワケが違います!

今のところは、国際的な取引を行っている企業が狙われている傾向があるようですが、このやり口を利用した詐欺が、国内でも今後さらに拡大していくかもしれません!
唐突な内容のメールが来たときには十分な注意が必要です!

送信元アドレスをよく確認(メールアドレスでのフィルタリングとか)したり、クラウドのメールサービス利用している場合は
盗み見が起きないようにパスワード漏洩対策を徹底したり、ヘンなメールをヘンだと思えるように注意喚起したり、今一度、基本的なメールセキュリティ対策をしておきましょう(`・ω・´)
(おび)