先週末のこと。電気ケトルを買おうとAmazonを見ていたら、なんと!
Amazonで通常7,000~8,000円する商品の新品が、1円かつ送料無料で、マーケットプレイスから出品されていたのです!!

はい、怪しいですね!

出品者を確認してみると、評価が1件も付いていない、新規出品者でした。
…ますます怪しい…
発送元は、アメリカ合衆国だそうです。

出品者の詳しいプロフィールを確認してみましょう。

住所は……中国広東省!
アメリカじゃないんかい!

中国の企業が管理していてアメリカの工場から直送とか、そういう可能性もゼロではありませんが、どうも不安が拭い去れない違いではあります。

Amazonマーケットプレイスで詐欺が多発しているらしい

これはおかしいと思い、ネットで「Amazonマーケットプレイス 詐欺」などと検索してみると、ここ最近の異状として既に話題になっていました。
Twitterのまとめサイト「Togetter」では、不自然な激安出品の実例や、実際に詐欺に遭ったという方の声、あえての好奇心で購入してみた方のレポを見ることができます。

Amazonマーケットプレイスで詐欺が増加中
https://togetter.com/li/1099719

やはり不自然な出品は、詐欺の色が濃厚のようです。

マーケットプレイスの利用はしばらく要注意

電気ケトルの例のように、価格や住所が明らかに不自然だと詐欺業者の見極めは簡単ですが、厄介なことに、現在「マーケットプレイスに出品している(いた)アカウントを乗っ取っての詐欺出品」が増加中!
この場合、公表されている住所や電話番号は国内のもの、かつ実在していることが多いので、住所で警戒することが難しくなります。また、利用されているのが元々健全に取引していたアカウントの場合、評価数が多かったり高かったりするので、評価内容での判断も困難です。

このような状況から、Amazon公式の対策が整うまでは、Amazonから直接配送されるものを購入するか、マーケットプレイスの利用はしばらく様子見にしたほうがいいかもしれませんね……。
どうしてもAmazonで必要なものがあるときは、購入先がマーケットプレイスでなくAmazonになっているか、しっかり確認するようにしましょう!

上記のような記述が、商品ページや注文過程で確認できれば、Amazonから購入することになっているはず。
違う業者の名前が表示されていて変えたいときは「新品の出品」リンクをクリックし、Amazonから購入できるか探しましょう(残念ながらAmazonでは取り扱っていない場合もあります)。

それにしても、これらの詐欺の目的はいったい……?
続きは来週のパスクリ通信にて!