各地で導入が進む「テレワーク」…そもそもテレワークとは?

一人ひとりの事情にあわせた働き方や勤務形態を考える「働き方改革」の一環として、「テレワーク」が注目を集めています。
テレワークとは、情報通信技術を活用し、場所や時間に捉われず柔軟に働くことです。

●テレワーク
場所によって、在宅勤務(自宅にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話、ファクスで連絡をとる働き方)、モバイルワーク(顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方)、サテライトオフィス(勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方)の3つに分けられる。
参考:一般社団法人日本テレワーク協会
http://www.japan-telework.or.jp/intro/tw_about.html

大手企業でも徐々にテレワークの全社導入が始まっていますが、2020年に東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が決定したことで、国を挙げてテレワークの導入が推進されることとなりました。

テレワーク・デイ 働く、を変える日 2017.07.24

この取り組みでは、2017年から2020年までの毎年、東京大会の開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、始業から朝の10時半までの間にテレワークを実施する企業・団体を募集しています。通勤や通学で最も交通機関が混雑する時間にテレワークを行うことで、大会開催中の混雑緩和を実現させる狙いです。

実はパスロジでは、数年前からテレワークを取り入れた働き方が社内に浸透しています。
元々、弊社製品の認証プラットフォーム「PassLogic」の最大の特徴は「ワンタイムパスワード」であり、社外からのリモートアクセスやテレワークに適しているとして、積極的に導入を呼び掛けてきました。
そこで今回の記事では、現在パスロジがどのようなテレワークの取り組みをしているのか、そしてPassLogicがテレワークにどのように役立つのかを紹介していきます。

①テレワークで自宅療養!体調に合わせて無理なく勤務

パスロジでは社員の必要に応じて、テレワーク勤務が可能となっています。実際にテレワークの経験がある社員に詳しく話を聞いてみました。

パスロジ社員Nさん(技術開発チーム)
2016年に療養目的で自宅からリモートデスクトップ勤務を行う

――どのような経緯でテレワークを利用しましたか?
日曜日、自宅でウォーターサーバーの水を持ち上げた拍子にギックリ腰になりました。翌日は自宅で安静にし、火曜から出社しましたが、PC業務で長時間座っていたことにより再度悪化してしまいました。そのため、会社にテレワークで業務する旨を伝え、水曜日は自宅勤務でリモートデスクトップを使用しました。

――リモートデスクトップの接続環境の詳細を教えてください。
まず自宅のPCから認証強化ソフトPassLogicにアクセスし、IDとパスワードを入力してログインします(①)。PassLogicはシングルサインオン機能を持っているため、この動作でDesknet’s NEO(勤怠管理用WEBアプリ)とVPN装置に一括でログインし、両ソフトが即座に使用可能になります(②)。あとはVPN装置のクライアントを起動し、会社のPCにリモートデスクトップをするだけです(③)。

――リモートデスクトップのアクセスは簡単にできましたか?
私の場合は会社PCも自宅PCもMACなので、事前準備なしでマイクロソフトリモートデスクトップ(MAC同士で接続可能なリモート機能。標準機能として搭載されている)で問題なく接続できました。Windowsを使用している方は、事前にリモートデスクトップをさせたいPCで「リモート機能の利用を許可」に設定する必要があるので、その点だけ気を付ければ問題ないかと思います。

――勤務時刻や休憩、他の社員とのコミュニケーションはどのように取りましたか?
これは会社ごとの規定に寄ると思いますが、私の場合は勤務を始める時間と終了する時間を、「今から勤務を開始します、終了します」とメールで報告していました。同じチームのメンバーにコンタクトを取るときは、Desknet’s NEOでスケジュールを確認しながら、Skypeチャットで行いました。私は使用しませんでしたが、緊急の際は電話連絡も可能なのでコミュニケーションに不都合は感じなかったです。お昼の休憩時間は、チームのメンバーが私の不在を分かるように、「お昼休憩に行きます」とSkypeで一言連絡していましたね。

――最後に、実際にテレワークをやってみてどう感じましたか?
助かった、というのが本音です。会社ではどうしても椅子に座ったままの姿勢で作業になるのですが、痛めているのが腰だったので座っていること自体が苦痛なんです。あのままだと業務にも支障が出ていたと思いますが、自宅勤務だったので、立ったり、うつ伏せになったり、腰を伸ばしたりなど会社ではできない姿勢で腰を労わりつつ仕事が出来ました(笑)。これは本当にありがたかったですし、おかげで回復も早かったです。

他にも、パスロジでは妊娠中の女性社員が、その日の体調によって自宅からリモートデスクトップ勤務をするといった取り組みも行っています。パスロジでは、社員の体調や働き方を考慮した勤務形態で仕事をすることで、仕事の生産性や社員のやる気も上がると考えています。

②箱根オフィスからリモートデスクトップ!自然に囲まれてリフレッシュ勤務

パスロジの本社は東京の御茶ノ水にありますが、実は箱根の強羅にオフィスを持っており、リモートアクセスでの勤務が可能です。
パスロジの箱根オフィス。たっぷりの自然に囲まれ、景観は抜群です!

2015年の5月には、リモートアクセス研修旅行として社員9名が参加、箱根からリモート勤務を行いました。各自私物のPCを持参し、リモートデスクトップで会社PCに接続、普段会社で働くように仕事を行いました。本社で勤務した社員とのコミュニケーションはSkypeによる映像チャットを使用しました。
箱根オフィスにはPCを始め、すぐに仕事に取り組める環境が整っています。

リモート研修旅行は、オフィスにいなくても社内と同じように勤務が可能な上に、リフレッシュもできると研修に参加した社員からも好評でした。この箱根オフィスは、事前に上司の許可を取り、申請書を提出するだけで社員は誰でも利用できます。

次ページ「PassLogicのテレワーク活用方法」へ→

1 2