パスワード管理アプリレビュー【Password 3】

「侵入監視」機能で、不正にパスワードを見ようとした人の写真が撮れる
ちょっと怪しい日本語が玉にキズ

【使用環境】
・iPhone

【公式サイト】
http://www.gerinn.com/product.html

【ダウンロードサイト】
iOS:Password 3

【価格】
有料(240円)※無料のLite版もあり

【提供元】
Gerinn LLC.(中国)

【パスワードデータの保存場所】
iCloud上に保存されます。(アプリ内に保存する設定もあり)

【日本語化の度合い】
△ 基本的には画面メッセージは全て日本語化されていますが、たどたどしいです。
ところどころ、中国語で表示される箇所があります。

【スマホのみで使用?PCでも使用する?】
基本的にiPhone上でのみ使用します。
iTunes、もしくはiCloud上にパスワードデータのバックアップは可能です。

【特徴】
「Password 3」は、アプリやWebブラウザなどから自動的にログインする機能はありません。

Password 3の画面の例。パスワードが隠されもせず、ずらりと表示される。 まるで、手帳にID・パスワードを書いておくのをそのまま電子化したような感じ。

ID・パスワードのメモ帳だと思っておくのがいいでしょう(とはいえ、暗証番号あるいはTouchIDでロックできる分、紙のメモ帳よりはセキュアです)。

4桁の暗証番号を入力し、パスワードを確認したサイトのジャンルを選ぶと、そのジャンルのアカウント・パスワード一覧がずらりと表示されます。
パスワードは隠されたりはしておらず、そのまま表示されます。

ここに表示されたアカウント・パスワードをログイン画面にコピー&ペーストするか、もしくは手動で入力します。
当然、スマホで使うID・パスワードだけでなく、手入力するのであればWindows PC起動の際のパスワード管理にも使えますし、銀行の暗証番号といった秘密の番号を記録しておくにも使えるでしょう。

WebサイトのID・パスワードでないものも記録できる。この例は銀行のキャッシュカード情報を登録したページ。

感覚的には、手帳にID・パスワードを書いておくのと同じ感覚で使えることになります。
スマホ内で使うのであれば手で入力せずに、ID・パスワードをコピペできる分、楽です。

これまで手帳やメモなどにID・パスワードを書いて憶えていた人が、もっとセキュアな手段としてこのアプリを使うのはアリかもしれません。
また、ID・パスワード以外にも秘密のメモを残しておきたい人にもお勧めです。

ところで、このアプリの独特な機能といえば(ある意味怖い機能でもあるのですが)「侵入監視」機能があります。

このPassword 3は、アプリを利用する際に4桁の暗証番号を入力する必要があるのですが、この4桁の暗証番号を間違えると、そのときの様子がiPhoneのインカメラで撮影されます。このときシャッター音などは鳴りません。

もちろん、アプリインストール後にカメラとGPS(写真に位置記録を残すため)の使用許可をiPhoneの「設定」から取り消すか、あるいはインストール後でもアプリ内の設定から侵入監視機能をOFFにすれば、暗証番号を間違えても撮影しないようにすることも可能です。

パスワードを盗み見ようとした不逞の輩は、インカメラで撮影されることになります。このときシャッター音などはしないので、撮られた方も気付きません。

もし、パスワードを盗み見ようとする人がいるとすれば、その正体を突き止めるのには便利でしょうが、意外な犯人に人間不信に陥ってしまわないかしら……とちょっと心配などもしてしまいます。
後で写真を確認できるようなケースだと、たいてい犯人は身内なので・・・。

なお、有料の本アプリと無料のLite版の違いは、パスワードのiCloud保存の有無、自動パスワード生成などの点があります。

【使い方例】
インストール後、カメラ及びGPSを許可するよう求められます。
ここでは許可以外のボタンはないので「許可開始」をタップします。
Password 3は無断使用者の証拠写真を残すためにカメラとGPSの使用を求めてきます。
使用を許可しない場合はいったん「許可開始」をした後に、iPhoneの「設定」から許可を取り消すか、アプリ内の設定で侵入監視機能をOFFにすることになります。
それからマスターパスワードとなる4桁の数字を設定します。
アプリ中で「パースワード」と表示されるときは、いつもこの4桁の数字を正しく入力する必要があります。
ID・パスワードなどを登録する「ユーザのゲームID」「その他のユーザID」などと表示された箇所をタップします。すると、そのジャンルでこれまでに登録されたID・パスワードの一覧が表示されます。
画面右上の(+)マークをタップすると、新しいデータを登録することができます。

「テーマ」欄にどんなジャンルのアカウントか、「ユーザID」にユーザIDを、「パースワード」欄にパスワードを入力しましょう。これで、サイトの登録は完了します。

サイトにログインするには、個々に登録したユーザID、パスワードを見て、それを入力します。同じiPhoneで表示しているサイトであればそれぞれをコピー&ペーストで利用すると間違えずに入力できるのでよいでしょう。

【紹介アプリリスト】

PassClip
マスターパスワード不要!「パターン」で憶えるユニークなアプリ。完全無料

1Password
パスワード管理の代表選手。サイト登録用テンプレートも多い
※2018年6月時点のWindows版最新版「1Password 7」レビューはこちら

LastPass
クラウドでパスワードもメモも端末間共有。1Passwordと並ぶ管理ツールの雄

PasswordManager
ウイルス対策ソフトメーカーが手がける総合パスワード管理ツール

Dashlane
PC・Mac・iPhone・Android間の連携は最高密度

PassManager
iPhone専用・指紋認証でシンプル操作

Password 3
中国生まれの「電子管理帳」。悪用者撮影機能も

LoginBox Pro
ひとつのアプリの中で完結したタイプのパスワード管理アプリ

Keeper
幅広い機種、ブラウザに対応。家族・仲間内でのパスワード共有も可能

【関連記事】
>パスワード管理アプリ「マスターパスワード・認証方式」比較レビュー
>【パスワード管理アプリレビュー番外編】パスワードマネージャー「ミルパス」

※記事中に記載されている、会社名、製品名、ロゴ等は、各社の登録商標または商標です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10