毎日のようにウイルスやランサムウェアなどのマルウェアのニュースがネットで流れている今日、危険サイトへの対策は、アンチウイルスソフトだけがやってくれていることではありません。 あまり意識したことはないかもしれませんが、実はPCのOSベースでもやってくれていますし、サイトアクセスに使っているWebブラウザでもやってくれています。 アンチウイルスソフトを導入していなくても、ある程度は守られているのです。

その一例として、GoogleのWebブラウザ(Google Chrome)での取り組みをご紹介します。
アドレス欄右横のメニューから「設定」を選択、設定メニューから「詳細設定」>「プライバシーとセキュリティ」と順に移動していくと、この中に「危険なサイトからユーザーとデバイスを保護する」という項目があります。 ここがアクティブになっていれば、Google Chromeで危険なサイトにアクセスしようとすると警告が表示されたりしてユーザーを守ってくれるのです。ありがたいことです。

そしてGoogleの安全なWebブラウジングに対する取り組みについては、以下のページに情報が掲載されています。

Googleセーフブラウジング
危険なサイトの検出件数、不正なソフトウェアが置かれているサイト数、ユーザーへの警告数やWebマスターへの通知数などが見れたり、また不正なソフトウェアの発生場所が世界地図ベースで見れたりするので、ぜひ一度ご覧ください。
これだけの仕事を密かにしてくれているのです。

さらにWebサイトを持っている方や、またはメールなどで通知された怪しいURLなどを調べたい方は、同サイトにあるGoogleセーフブラウジング サイトステータスで、サイトに危険がないかどうかを調べることもできます。

このサイトにアクセスして、調べたいサイトのURLを「サイトステータスの確認」欄に入力して検索すると、安全かどうか判断してレポートを表示してくれます。
ブラウザの「お気に入り=ブックマーク」登録しておくことをお勧めします。

今回はGoogleChromeを例にしてブラウザの危険サイト対策をご紹介しましたが、Firefox、Safari、Edgeなどの主要ブラウザではそれぞれ、危険サイトへのアクセスをブロックする機能を標準で装備しています。
あえて設定変更で無効にしていなければ、インストールしただけでブロックが有効になっていますので安心できる、ということです。 ただし未知な脅威まで完全にブロックするのはなかなか難しいですので、くれぐれも過信しないで、Webブラウジングをしましょう。