ライターの大和哲です。
ここしばらく中国、特に深圳によく通っています。
中国・深圳(シンセン)と言えば、電機好きの人には「深圳の秋葉原」こと華強北が有名ですね。
でも、それ以外もいろいろなことが新鮮に感じること、感じる場所があって、何度行っても飽きないんです(シンセンなだけに……すいません、ダジャレです)。

最近、特に面白いと思うのが中国の電子マネー事情です。
この電子マネーが、本当に普及していて、どこにでも、あるいは誰に支払う場合でもこのスマホ払いができます。
コンビニでも、スーパーでも、雑貨屋さんでも、屋台でも、これで払うことができまし、今流行のシェアバイクやタクシーの支払いもOK。
支払不可なのは、駅で切符を買うときくらいではないでしょうか。

そこで、今後、中国に出かける方のために、中国の電子マネー「WeChat Pay(ウィチャットペイ)」の使い方と使う時の注意点を、実際に使ってきた筆者がレポート形式でお伝えします。

香港から中国への入り口「口岸」。つまり国境です

【せぐなべ運営からのご注意】
電子マネーの利用には、端末の紛失や、ハッキングによる詐取、サービス変更や不具合による取引不能といったリスクが考えられます。自己の責任の範囲でご利用ください。

中国のメジャーな電子マネー「WeChat Pay」と「AliPay」

中国でメジャーな電子マネーは「WeChat Pay(微信支付)」「AliPay(支付宝)」という二つがあるのですが、いずれもスマートフォンでのQRコード表示と読み取り機能を使ったサービスです。

とある電気屋の店頭に貼られていた「AliPay」「WeChat Pay」のバーコード。これをスマホで読み取って、金額を指定すれば、スマートフォンから代金を支払うことができます

この記事では、筆者がメイン使っているWeChat Payでレポートしますが、基本はどちらもよく似たアプリです。
では、まずはWeChat Payでの支払い方法を説明しましょう。

「WeChat Pay」での支払い方法

WeChat」は、日本で言えば「LINE」に似たメッセンジャーアプリです。スマートフォンを持っている人なら大抵使っています。
そして、LINEでもメッセージ中に「LINE Pay」から送金できるのと同様に、WeChatも友達とのチャットで相手に送金することができます。その機能が「WeChat Pay」です。

WeChatのチャット中での送金。メッセージを送る要領で相手のWeChat Payに手軽に送金できます

ちなみにこちらはLINEのメッセージ中での送金。画面も要領も割と似ていますね

LINE Payでは本人確認のために銀行口座の登録が必要ですが、これはWeChat Payも同じです。
中国の銀行口座の番号と氏名、それに暗証番号を入力しないと、口座からチャージができません。
もしくは、VISA・Masterといった国際クレジットカードでも本人確認は可能です。

本人確認を銀行口座で行った場合には、その銀行口座から送金が可能ですが、クレジットカードで行った場合にはできません。
ですが、知り合いや「tOriPay」などの両替商にお金を渡して送金してもらうか、「PocketChange」など、現金を電子マネー化する機械でチャージ用バウチャーを手に入れることでチャージが可能です。

ただし、基本的に、一度Ali Pay、WeChat Payに入れたお金は、中国大陸外の国では使えませんので、使い切る程度の額だけ入れるように気をつけましょう。
日本でもよく見ると「Ali Pay、WeChat Pay使えます」と中国語で書かれたお店がありますが、日本人がクレジットカードなどで認証した場合は使えません。

これは羽田空港国際線ターミナルに設置されている「Pocket Change」の機械。日本円や中国元、米ドルなどをWeChat Pay、LINE Pay、Amazonギフトなどのバウチャーに変えられます。他にも新宿歌舞伎城や関西空港到着フロアなどにもあります

LINE Payでは銀行口座をリンクさせてもLINE Payに一度チャージした残高からしかお金を払えません。
一方、WeChat Payでは銀行口座からダイレクトに払うこともできます。
つまり、WeChat Payというアプリの中にお財布があり、その中に充分なお金が入っていなかったら銀行口座から直接支払われる仕組みになっているのです。
ただし、銀行口座から直接払うには口座の暗証番号が必要です。

WeChat PayはLINE Payと異なり、チャージしなくても銀行口座に入ったお金から支払いができます。その際には認証に銀行口座の6桁の暗証番号が必要になります

また、大きなチェーン店、たとえばセブンイレブンなどといった店では、支払いはさらに手軽です。
WeChatの「ベンダー」メニューを開くと、2次元とQRの2つのバーコードが表示されます。お店のレジでこれを読み取ってもらえば、代金は自動的にWeChat Payの残高から支払われます。このときパスワードなどは必要ありません。
ただし、このベンダー用QRコードは「支払い画面」を表示する度に内容が異なりますので、この画面をキャプチャなどしてもその時以外の支払いには使えません。おそらくQRの中に有効となる時間なども書き込まれているのでしょう。

これがベンダー用QRコード画面、支払う時、店、金額によって毎回QRの内容は変わります。セキュリティ上の対策でしょうね

「お金を受け取る側」からQRコードを提示することも可能

そして、LINE PayとWeChat Payが本当に異なるのはここから。
LINE Payですと、QRコードで支払いできるのは一部のコンビニなどだけですよね。
WeChat Payは中国中、ほぼ全てのお店で使えます。
それを実現しているのが「WeChatで友達ではない人にも送金する」機能です。

お金を払ってほしい人が、自分のQRコードを表示します。
これを支払う側が読み込んで、額を決めて送金を行う。
これで誰にでもお金を支払うことができます。

WeChatは、中国では日本におけるLINE以上に普及率が高いですから、これで個人商店だろうがタクシーの運転手だろうが、誰にでもお金を支払うことができるのです。
(ちなみに、WeChat Payは中国語では「ウィーシンシーフー」と発音しますので、これを言ってスマホを見せれば、先方もすぐに、あぁ、WeChat Payで払いたいのだな、と分かってくれます)

一度、筆者は物乞いの人が、「俺のスマホに恵んでくれ!」と、1メートル四方はありましょうか、巨大なQRコードを持って道端にたたずんでいるのを見たこともあります。

友だちにならないでWeChatでお金を送る方法。送信先のWeChatのQRコードを自分のスマホで読み取り、金額と6桁の暗証番号を入力することで相手に送金できます

たとえば、こんなふうに筆者のQRコードを貼っておけば、ここから筆者に送金することも可能です。誰か、筆者にお金くれないかなぁ(*^▽^*)

WeChat Payで「注文のいらないレストラン」

あるレストランなどは、QRコードで注文から支払いまで済ませてしまうことができるようになっています。「注文のいらないレストラン」です。

ここはとある麺類レストランのテーブル

机にはQRコードが、これをWeChatで読ませると・・・

メニューが表示されます。好きな料理を選んで、お会計

はい、これで支払い完了!注文できました!

テーブルには、QRコードが貼られているのですが・・・そう、ここは、スマホで注文するレストランなのです。
WeChatでQRコードを読み込むと、このレストランのメニューが表示されます。そこで、食べたいものを選んでWeChat Payで代金を払えば、注文完了!
料金先払いで、注文が厨房にインターネット経由で届きます。
そして、10分もすればウエイトレスさんが、注文の品を持ってきてくれます。

今日のご飯は内蒙古風つけ麺なのでした。美味しいです

支払いは注文時に済んでいるので、食べ終わったらそのまま出てきてしまっていい。
実にスマートです。
店員さんと一切しゃべらないで食事が完了してしまうのです。

ただ、QRコードは常に代わりません。
だから、実は、ちょっとイタズラしようと思ったら、「こないだ座ったレストランのあの席、今いる人に飲み物を届けちゃえ!」なんてこともできなくはありません(飲み物の代金は、イタズラする人持ちですけどね)。

一定額以上の送金時のみ認証が必要(少額なら認証なし!)

WeChat Payでの認証ですが、一定以上の額を支払う場合や、銀行口座から支払う場合には、あらかじめ決めておいたWeChat Pay用の暗証番号6桁が必要になります。
基本的にはWeChat Payでの認証は、携帯電話の番号認証以外は、全てこの6桁の暗証番号で行います。
ですので、人に知られたり簡単に推測できるような番号には絶対してはいけません。

また、たとえば拾った他人のスマートフォンでも、WeChatの画面に入れてしまえば、大きなチェーン店などでは、それほど大きな買い物でなければ暗証番号入力を必要としませんから、好き勝手に買い物ができてしまうことになります。

中国では、スマートフォンを盗まれないように注意し、画面ロック解除のPINコードなどは絶対他人にはわからないようにしないといけません。
実際、スマホの盗難は非常に多いそうで、私も現地に人に注意されました。レストランなどでもトイレに行くときなどは絶対スマホを手放さないように、と・・・。

これはWeChatアプリをスマホで実行させたところ。日本語にも対応していて、筆者のスマホではちゃんと日本語で表示されます

QRコード支払いシステムの弱点・注意点

先ほど、レストランでQRコードの読み取りで、注文から支払いまで行った例で、ニセのQRコードを使ったイタズラができることを紹介しました。

このQRコードの仕組みなのですが、他のQRコードリーダーで読んでみたら、非常に単純で、あるサイトのURLとテーブル番号などのパラメータがそのまま書かれているだけ。
なので、割と簡単にイタズラできてしまうのです。
実際に、筆者、滞在中にこの手のQRコードレストランで、本物のQRコードの上に、偽のQRコードを貼り付けて、レストランだけではなく自分にも代金の一部が支払われるようにイタズラした人が逮捕された、というニュースをテレビで見ました。
速攻で逮捕されたので被害者はでなかったそうですが・・・。

単純な手口なのですが、皆さんももし、中国でこのシステムを利用する際には本物のQRコードの上にもう一枚貼られていないか注意して見てくださいね。
もし、二枚重ねて貼られていたら、それはイタズラされたQRコードかもしれませんよ。気をつけましょう。

最後に

Ali PayやWeChat Payが使えるようになると、他のいろいろなことができるようになり、中国旅行が楽しくなります。
たとえば、シェアサイクルや、食事のデリバリーなども利用できるようになります。
デリバリーは、いいですよ。言葉がしゃべれなくてもスマートフォンのメニューから注文できるうえに、レストランの値段+数元でホテルの部屋まで食事を持ってきてくれますから、たいへん便利なのです。

ちなみにある日の昼食でデリバリーに頼んだ辣子鶏。ご飯、飲み物と含めて24元(日本円で約432円ほど)でした

ただし、何度も言いますが、中国は外国です。治安はマチマチですが基本的に日本よりはスリ、ひったくりの類は多いです。特にスマートフォンの画面を見ながら歩いてくる外国人などは彼らにとってはカモも同然です。
店頭などでは支払う時にスマートフォンを出す程度ではそれほど危険はありませんが、たとえば街中でスマートフォンの画面をのぞき込みながら歩いたりするのは、日本の数倍は危険だと思ってください。
悪意の人でなくても、自転車やバイクにぶつかられる(そのうえなぜか、向こうが「問題ない問題ない」と言って逃げてしまう)など日本人にとってはありえないハプニングもしょっちゅう聞きます。

それと、Ali Pay、WeChat Payともスマートフォンの通信を使います。日本の携帯電話を海外で使うと料金は「海外ローミング料金」という高い料金になります。使いすぎには注意しましょう。

【著者プロフィール】

大和哲(IT&サイエンスライター)
テクノロジー&サイエンス。技術と科学。
技術は人を便利にする、科学はそのバックボーン。
それを知ることで人生はもっと豊かになれる。そう信じて、日々、PC・携帯電話・スマートフォン・VRを中心に用語やテクノロジー解説、Q&Aなどの執筆を手がけています。代表作は「ケータイWatch」の「ケータイ用語の基礎知識」。1986年のPC誌「Oh!MZ」以来、PC誌、Webニュースサイトを中心に様々な媒体で書かせていただいております。

>アカウント乗っ取りを防止!「パスワード管理アプリ」比較レビュー~選ぶ際のポイントと各アプリのレビュー~