前回は米国のMLBでの生体認証導入例を紹介しましたが、日本でも、東京オリンピック・パラリンピックで生体認証が導入されるというニュースを紹介します。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は8月7日、2020年の東京五輪で顔認証を使ったセキュリティ対策を行うことを発表しました。オリンピック・パラリンピックでの顔認証システムの導入は史上初で、採用するのはNECの顔認証システムとのこと。
NECは顔認証でのリーディングカンパニーです。
しかし、羽田空港からスタートした主要国際空港の上陸・出国審査場での顔認証ゲート導入では、パナソニックの後塵を拝してしまいました。
今回は採用となり、NECの面目躍如というところでしょうか。

ただし、この顔認証は一般観客対象ではなく、出場選手や大会スタッフ、ボランティア、報道関係者などの関係者に対して使われる予定。
その総数、30万人以上というから驚きです。
そんなに多いのですね、全関係者って・・・。(°O°)

これほどまでに多くの関係者の本人確認を、従来はなんと目視で行なっていたために、行列が発生していたようです。その状況を回避し、なおかつ「なりすまし」などの防止のために「顔認証」が導入されるとのこと。

関係者は、あらかじめ顔認証用の撮影と登録を行い、その情報が電子チップに入ったIDカードを渡されます。40カ所以上の各種競技会場やメインスタジアム、選手村、プレスセンターなどの施設への出入り時には、顔認証情報が入ったIDカードと顔認証カメラで、本人確認を行う模様。
正確に認証される確率は99.7%、顔認証にかかる時間はわずか0.3秒! 目視による本人確認の2.5倍ほど早く入場できるようになるので、セキュリティ強化だけではなく、混雑の緩和や、確認スタッフの人員削減などの効果にも期待が寄せられています。

P.S.
認証自体は瞬時に済むにしても、30万人以上も認証対象者がいるということは、顔認証情報の登録とIDカード発行作業が相当大変だと思います。
どうやってそれだけの大人数をさばいていくのか・・・。そっちのほうが気になってしまいますね。(^_^;)

(画像) NEC東京2020スペシャルサイトより転載

NEC 東京2020スペシャルサイト 顔認証導入ニュースページはこちら
顔認証のデモ動画もあります。(新しいウインドウで開きます)