データの入ったPCやメディアの盗難はともかく、不注意で紛失してしまうことを社会的にゼロにすることは難しいでしょう。
人間誰しも失敗はしてしまうものです。そういう自分も過去にデータの入ったメディアを紛失したことがあります。
と言っても、PCや外付ハードディスクなどの大物ではなく、USBメモリーです。
サイズが小さいことでもあり、落としたりしやすいものなので、最近はデータをクラウドストレージに入れるようにして、USBメモリーはなるべく使わないようにしているのですが、それでもKINKO’Sなどの出力センターにデータを持って行く時など、使うことはまだあります。持ち運びのし易さや、手渡しの分かり易さといった面で、仕事上で使わないといけない方もいるでしょう。

そういう方のためにオススメするのが指紋認証機能付のUSBメモリーです。
いくつかのメーカーから製品が出ていて、機能は製品によっても違うのですが、共通しているのは、USBメモリーの中の一部ディレクトリ、もしくは全部のデータ保存スペースに保存したファイルに自動的にロックがかかって見えなくなり、指紋認証をクリアした人だけが、そのデータファイルにアクセスできる、という点です。
認証用に登録した指紋情報はUSBメモリーのデータ保存スペースではないところに保存されます。指紋認証はUSBメモリーの中だけで行われ、メモリーを接続したPC側指紋情報は移動しないようになっています。
この機能があれば、万一USBメモリーが紛失や盗難によって第三者の手に渡ってしまったとしても、その人は中のデータを見たり加工やコピーしたりすることもできません。

指紋を複数人分登録ができるものや、指紋認証なしでもアクセスできる保存スペースを併せ持つものなど様々な製品があります。
絶対に漏洩してはいけない大切なデータをUSBメモリーで運ばないといけない方にとっては必須のアイテムと言えるのではないでしょうか。

通常のUSBメモリーに比べると価格はかなり高めになってしまいますが、万一の時のための安心料だと考えればビジネスユースにとっては高くはないはずです。データを漏洩させて社会的な信用をなくすことや、秘密情報が他社に渡ってしまうこと防げると思えば。

P.S.
ポータブルメディアの利用時認証の動きは広がっていて、USBメモリー以外にも外付けポータブルハードディスクでも同様の製品があります。
また最近では指紋認証ではなく虹彩認証式のUSBメモリーも登場してきています。クラウドではなく、こういった「モノ」に保存することにはまだまだ需要があるということでしょう。
これからもどんな新製品が登場するのか楽しみですね。