独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が、2020年4月15日にインターネットを安全に使うための自己学習ツール集「#今こそ考えよう情報モラル・セキュリティ」を公開しました。

IPA 「#今こそ考えよう情報モラル・セキュリティ」サイト


学校が臨時休校や在宅授業に、会社も在宅勤務や自宅待機になるなど、自宅で過ごす時間が多くなり、インターネットを使う機会も増えています。
こういう時だからこそ、インターネットのセキュリティや利用モラルを理解し、「安全に」「正しく」使うことが必要となります。自宅で過ごす有り余った時間には、これを学ぶのに良い機会と言えます。
IPAが今回公開した「#今こそ考えよう情報モラル・セキュリティ」ページでは、臨時休校中の児童・生徒用にむけた様々な学習用コンテンツと、さらに「一般向け」「指導者向け」の学習ツールも用意されていて、子供から大人まで、対象者に合わせたeラーニングツールで学習できます。
ちなみに一般向けとしては、先日のパスクリ通信でも少しご紹介した「【ほぼ15秒アニメ】子ブタと学ぼう!情報セキュリティ対策のキホン」の5本の動画コンテンツをはじめに、「あなたの書き込みは世界中から見られてる -適切なSNS利用の心得-」(動画:約11分)、「はじめまして、ペアコです。~親と子のスマホの約束~」(動画:約12分)、「あなたのパスワードは大丈夫?~インターネットサービスの不正ログイン対策~」(動画:約11分)等々、動画で気軽に学べるコンテンツも多いので、インターネットセキュリティに詳しい方でも、今一度、自分の持っているセキュリティに関する知識を確認するためにも、ぜひアクセスしていただければと思います。

> IPA「#今こそ考えよう情報モラル・セキュリティ」

テレワークの増大は、一般的には事業所よりもセキュリティ面で脆弱な、個人の自宅でのインターネット環境からの利用となるため、そこを狙ったサイバー攻撃の脅威にさらされる危険性があります。この機会にぜひ大事なインターネット安全活用の知識を学んで、安全なインターネット利用をしていきましょう。

P.S.
それから、セキュリティに関する情報を毎週ご紹介しているこの「パスクリ通信」も、ぜひお知り合いにも教えてあげてくださいね。(^_^)V