どうも加藤です。ちょいと間が空きました。開拓ができておらんかったのです。うまい店を見つけると、安定して通いたくなる。その気持ちを振り切っての今日。

ととこ。御茶ノ水駅から坂を下って、三省堂への途中。もうすぐ下まで着くかな、という右手側にあります。元はスナックか喫茶店だったのじゃないか。そんな過去を思わせるカウンターにずらっと日本酒の品書きが並んでいます。

辛いラーメンが売りのようでして。黒ゴマ担々麺に酸ラーメンと辛みのものがラインナップ。しょうゆなど普通のラーメンもあるようです。何故か、隣のお客さんはネギしょうゆラーメンのネギ抜きを頼んでいました。

さて、今回頼んだのはパイコー酸ラーメン。酸ラーメンというのは辛くて酸っぱいという独特のスープ。パイコーは揚げた鳥肉を指すようです。カリカリに揚がった鳥肉は衣に塩味とスパイスが利いていて、これだけで酒のつまみに最適といった具合。

そして、酸ラーメン。中華の酸辣湯麵とはまた違った、丸みのある酸っぱさが利いています。疲労回復に酸味がいいと言いますが、この酸ラーメンはちょっと気分を変えてくれます。してみるとイロモノに思えそうなところ、落ち着きがあってホッとする味に仕上がっています。

これまで色々な店を回ってきました。ランキング一位は会社一分の中華屋「天鴻餃子房」だったのですが、今回の「とここ」はタメをはるレベルの満足度。ちょっと歩ける気分の時は通いたくなるくらい美味しいラーメン屋でした。夜にもぜひ行ってみたい。

ただし、独特のスパイスに酸味も相まって、人を選ぶラーメンであることは間違いありません。好きな人はとことん好き、そうでない人には完食も難しいかもしれません。自分の好みと相談の上、足を運んでみてはいかがかと。