パスロジのグルメライター、加藤です。また、麺か? そう、また麺なんです。本日は御茶ノ水駅聖橋口を出て、徒歩5秒。高架上にあるラーメン屋「なおじ」です。元々は新潟の一軒の居酒屋だったところ、売り出したラーメンが評判を呼び、ラーメン屋へ鞍替え。全国4店舗しかない内の1店舗が御茶ノ水にあるわけです。ちなみに2店舗は新潟、1店舗は足立区なので。東京でなおじを食べられるのは足立と御茶ノ水だけ。

個人的には、なおじでは燕三条ラーメンが好きです。大好きです。豚の背油ギタギタで、どっしり重いラーメンではあるのですが。大量の玉ねぎのおかげか、不思議と最後まで食べられてしまう。歳のせいで重いものがつらくなってきましたが、ここのラーメンは胃もたれもそんなにしないのですね。

ただ、しかし、今回頼んだのは味噌ラーメン。理由は? 燕三条に中華、汁なしと一通り食べてきて、最後に残った一種が味噌ラーメンだったから。ついでのオプションは、白ネギトッピング。毎回ブログを書く段になって「あれ、またネギ頼んでない?」って思う。とても不思議。

なおじのラーメンは濃い口、油どっしりというイメージがあったのですが。この味噌ラーメンは全く印象が違いました。うまい。いや、どのラーメンもうまいんですが。なんというか、良い意味で素朴な味のラーメンです。

会社から5秒の「天鴻餃子房」の中華もそうなんですが。素朴な味がいいんですよね。最近の商品化したラーメン。なんというか、設計された、きれいな味のラーメンもうまいんですが。味噌と野菜のうまみを押し出した、ある意味で原始的なラーメン。こういうラーメンもいいんですよ。

正直、「なおじ」は燕三条らしい、油ギタギタの店だと思い込んでいたので、嬉しい誤算でした。油ギタギタも好きなんですが、この味噌ラーメンが食えるなら次回からは味噌ラーメンがいいかも、なんて思うくらいです。個人的なラーメンランキングにおいて、不動の1位が秋葉原の極の味噌ラーメンだったんですが。そこと1、2を争うくらいうまいラーメンでした。

駅から5秒という好立地ですから、ぜひ足を運んでみてください。店構えがあれすぎるせいか、左右のカレーやラーメンに比べて人が少なく、昼メシに出遅れた時に入りやすいのも利点かもです。