どうも加藤です。無事400円いただいておりますので、昼メシ旅。続いております。今回はそば屋です。ええ、またです。またなんです。意図したわけではないのだけれど、何故か毎回、吸い寄せられるようにねぎのあある麺類へ行ってしまう。呪いでしょうか。いいえ、祝福です。

会社から五分程度のそば屋、やぶ仙。今回の店は大通りに面しているため、大変見つけやすいです。私も大通りを探索中に見つけました。通りに「まいたけ」の字面が並んでいたがために、誘引されたのです。

中に入ると元気のいい店員さんから四人席へとすすめられました。正直、一人で入って四人席はだいぶ心が痛みます。相席OKですよ、さっさと食べて、さっさと出ますよ、と焦るわけです。広い席ほど心が痛い。全国の飲食店の方には、ぜひ小心者の気持ちを分かって欲しい。

「まいたけの天ぷらそば」と注文を入れると「熱いの? 冷たいの?」と問いかけられます。とっさに浮かんだのはつけ麺のあつもりと普通もり。めんつゆを温めるかどうかだろうか、と考えてしまったのが失敗の素。

「熱いの」と答えた結果がこちら、「熱いつゆに浸ったそば」であります。「ざるか、かけか」と聞かれたら、速攻で「ざる」と答えたはずだのに。いえ、普通は「熱いそば」といったらかけそばでしょう。当たり前の話ではありますが、日本語は難しいです。

熱かろうと冷たかろうと、そばはそば。そばはうまいものであるからして、うまいわけです。半分方食べたところでねぎを投入。これが風味を加えて、なおさらにうまい。

期待したまいたけの天ぷらも実にうまい。しいたけ、ひらたけ、なめこも好物ではあるのですが、天ぷらといえばまいたけが一番です。何しろ汁気が一番多い。衣がつくことによってまいたけの汁が外に漏れでないわけですね。

あつあつの衣にかぶりつくと、中からじわっとエキスが染み出てきます。うまい。最高にうまい。まいたけの天ぷらで一番うまいのは一口目であります。しかし、では二口目はうまくないのか。落ちるのか。そうじゃない。二口目、三口目と進むごとにそばつゆが中にしみこんでいくわけで、総合的なうまさはむしろ上がっていくとも言えるわけです。つまり、何か。ずっとうまい。

そんな最高にうまい、まいたけの天ぷらは季節限定らしいので、気になる方はお早めに。