じょじょに会社周辺のお店も少なくなってきました。あと「イタリアン」と「洋食屋」と「焼き鳥屋」と「高級ハンバーガー」くらいしかない。ないのですが、本日はちょっと足を伸ばして、四分くらい。前回のピザ屋のすぐ近く。リバティタワー(明大の校舎のこと)の横手のラーメン屋「麺屋こころ」に参りました。

食券方式のお店でして、領収書もレシートももらえないタイプ。店内に入ってみると、思った以上に「簡素」な内装です。「ジャンクフードを腹に詰め込む」という感じです。悪口のようですが、ラーメン屋ですから、これはこれであり。味と値段のバランスさえよければ、店の中身はどうでもいいところです。

こちら、台湾まぜそばをメインにしたお店なのですが、夜に飲み会があるため辛いものは避けておきます。塩まぜそばがあったので、こちら。太い縮れ麺に油だしがかかり、ごろっとした肉が乗っかっています。辛さを調整したい人用に、小皿にラー油がついてきました。

肝心のお味はというと、普通にうまい。いかにも「ジャンクフード」のラーメンです。これも悪口ではなくて、誉め言葉です。分かる人は分かると思うんですが、ラーメンには「中華そば」と「日本的ラーメン」、それに「ジャンクフード」があるんですよ。どれが良い悪いではなく、飲みの後にはすっきり「中華そば」がよかったり、今日は「ジャンクフード」で体に悪い食事にしたかったり、と時と場合によるわけです。

こちらのまぜそばは油と炭水化物と塩がごちゃ混ぜになっていて、味のバランスがどうとか、栄養素がどうといった気持ちを吹っ飛ばします。じゃぶじゃぶラー油をかけて、〆に酢をばっとかける。生のニンニクも利いてきます。体にいいものを食べたければ、サラダ山盛りのお店に行けばいいのですよ。外食は選べるところが素晴らしい。なんもかんも考えず、ジャンクな味が食べたい。そういう時もあるわけです。

万人ウケしないかな、というのが正直なところですが。辛いのがOKで、ジャンクな味も好き、という人にはオススメです。