新年早々からお仕事。昼メシ担当の食べる方、加藤です。一発目の昼メシは神田小川町の「龍盛菜館」。これぞ町の中華屋さんという正統派中華屋さんです。

 中華と中華屋さんは別物だと思うんですよ。気持ちの問題です。例えば、「中華を食べに行こうよ」と言われた時の中華というのは中華料理だと思いませんか。銀座アスターとか高級な中華料理店で、メニューには中華風ステーキやフカヒレのスープなんてものがあるんですよ。

 ところがどうでしょうか。「中華屋でも行くか」となると、途端に街角の定食屋の感じがしてくるでしょう。どこの町にでもある庶民料理、中華屋さん。出てくるものもギョウザやラーメン、それにチンジャオロースなんかになるわけです。

 本日お昼にした「龍盛菜館」はまさに中華屋さん。店構えからメニューに至るまで完璧に中華屋です。前々から何度も書いてきましたが、こういうのがいいんですよ。こういうのが。こじゃれたパスタや一品1000円オーバーのハンバーガーは確かにうまい。うまいが、気持ちの中に落ちていかない。

 ちなみに、この「龍盛菜館」の面白いところなんですが。一品料理に麺をつけられるんですよ。注文したのは牛肉細切り炒め焼きそば。どんなものが出てくるんだろう。中華の焼きそばですから、細麺にネギと牛肉、味付けはオイスターソースかな、と思っていたのですが。

 実際はチンジャオロースに堅焼きそば。そう、どうも「龍盛菜館」では麺に一品料理をプラスしたメニューがあるようなんです。よくよくメニューを見返すとマーボ麺なんかも明らかに同じ系統。

 ある意味で丼ものみたいな「これ一個食べれば終わる」というものぐさメニューの感じはありますが。中華って「米よりも麺で食べたい」って思うことも多々あるわけで。個人的にはアリのランチ。

 近くに職場のある方はローテーションに加えてみるのはいかがでしょうか。値段、味、適度な混み具合。ちょうどいいお店ですよ。