求職者からの質問が多いので、「ちかば手当」の解説をいたします。

第3条 通勤手当は、従業員の住居と勤務場所を、最も合理的で経済的な経路を通勤するのに必要な交通機関であって、ICカード利用時の通勤定期乗車券の実費相当額とする。
2 通勤定期乗車券は、1か月を単位とする。
3 1か月の通勤定期乗車券の代金が20,000円未満の者に対し、20,000円から1か月の通勤定期乗車券の代金を引いた差額を「ちかば手当」として支給する。

という規定であります。通勤手当というのは不思議な慣習で、「会社は負担する必要が無い」が、「会社が負担するのが一般的」というものです。働いている人にとっては、「お金もらえるからハッピー」なのですが、会社側から見るとおかしなことになります。…

ログインして続きを読む