会社に出社しないで働く「テレワーク」を広報・拡大するための指定日「テレワークデー」は7月24日(2020年オリンピック開会式予定日)に設定されています。2018年の「テレワークデー」は、2日以上に拡大する政府の計画となり、「デイズ」となりました。

「2018年7月23日~7月27日の平日5日間のうち、24日を含む2日以上でテレワークに取り組む」としています。今回、パスロジ社もこのテレワークデイズに参加する予定です。

パスロジ社の製品は、テレワークなどの遠隔業務での利用実績が多く、国内では「リモートアクセスの認証はパスロジックで決まり!」という感じでディファクトスタンダード化しつつあります。したがって、エンドユーザーはテレワーク推進企業が多いと推測しています。

このような状況を鑑みて、パスロジ社自身でも、「パスロジ社製品群の広報、今後の人材不足対策、テレワークでの課題点の洗い出し」を目論見として、5日間全日でテレワークに取り組む計画です。

パスロジ社では、リモートアクセス関連製品を開発している企業として自らを省みて、パンデミックや災害時も想定し、「本社がロックアウト状態」で5日間(前後あわせて9日間)というシチュエーションで「まじめに」やってみたいと思います。

(以下は社員向けの協力依頼・スケジュール情報ですので、公開しておりません)

Passlogy社員専用ページです。ログインして続きを読む。