そろそろバイクの車検が切れる時期なので、車検場まで行って自分で車検を取ってきた。いわゆる、ユーザー車検と呼ばれるやつだ。

メリット・デメリットともに様々あるが、特に目立つメリットは費用だろうか。お店に頼む場合と比べると、少なくともバイクなら半額以下で済むはずだ。
デメリットはもちろん手間がかかることと、平日の9:00~16:00しか検査を受けられないこと、何事も自己責任なことだろうか。

デメリットを考えて不安になる人もいるようだが、時間さえ確保できるなら是非気軽にユーザー車検を試してほしい。
車検場に来る人の何割かは業者さんであり、ユーザー車検の人は恐らくそこまで多くはない。複数台所持している場合や頻繁に買い替えるケースを除けば、ユーザー車検は多くても2年に一度しか経験できないのでどうせみんな初心者だ。そのせいもあるのか、検査場の人たちは検査に通らなかったとしても親切に対応手段を教えてくれることが多く、大抵の場合は何とかなる。大抵の場合は。

具体的なユーザー車検の流れは以下の通り。(2018年5月に車検をとった時のものである。最後に同じ車検場でとったのは6年以上前になるが、手続きが前より少し楽になったような。)

ネットで予約

国土交通省の自動車検査インターネット予約システムで予約できる。ログインが必要な予約システムなのだが、登録のために車検証で型式等を確認する必要があるので事前に用意するとスムーズに手続きできるだろう。都心部等で家から少し距離のあるバイク置き場にバイクを置いている場合は意外と面倒かもしれない。
1日に4ラウンドの検査期間があり、だいたい早い時間から予約が埋まっていく。もちろんお勧めは早い時間のラウンドだ。
どういうことかというと、万が一検査に合格しなかった場合には検査に通らなかった部分を直して再検査を受ける必要がある。再検査に関しては当日中であれば別なラウンドに食い込んでも問題ないので、早い時間の方が該当部分をバイク屋さんに診てもらいに行きやすく何かと安心だ。
ちなみに、自分の今回の車検は予約するタイミングが遅く、最終ラウンド(14:00~16:00)での検査以外空きがなかった。

車検場で印紙、書類の購入

手続き書類に関しては、事前に購入することもできる。
何かのついでに寄れるような場合なら、先に寄ってみるのもいいだろう。

当日書類を購入して書くとしても、そこまで負担にはならないと思う。提出窓口のある建物には筆記用具と見本がきちんとそろっているはずだ。

自賠責保険の更新

こちらも、車検当日にする必要はない。
一般的には車検場のすぐ近くで更新可能な場所があるので、上記と同様にあまり大きな負担にはならない。
本人が行う継続検査では必要ないが、もしそれ以外の検査で印鑑が必要になりそうな人はこういった施設で売ってることを覚えておくとたまに救われるかもしれない。(自分の場合は売ってるのを見て心配になって確認してしまった)

車検場で受付

書類がそろったら全部束ねて受付に提出する。
事前の予約の確認は、今回は提出書類に予約番号の記入欄があった。

何枚か書類を持ち歩くので、クリアファイルやクリップを用意しておくと便利だと思う。
検査結果の記入書類は機械で書き込む部分もあるが、用紙の端を差し込むタイプだったので多少折り曲げたくらいなら問題ない。

バイクに乗って検査場の指定コースへ

書類を持って、検査レーンに向かう。
場内はヘルメットをかぶる必要がないので楽で良い。もちろん、何かあったら大変なので徐行はもちろんのこと一方通行にも気を付けよう。

検査場によって異なるかもしれないが、バイクは左端のレーンのことが多いように思う。

検査

検査員さんによる目視での各種チェックと、機械によるチェックが行われる。
主に、各種ランプの点灯、クラクションを目視で。
機械ではブレーキ、速度メーター、ヘッドライトの向きのチェックがあった。

一般的に最も引っ掛かりやすいのはヘッドライトの検査だろうか。今回の自分も引っかかってしまった。比較的多くの人が引っかかることもあって、車検場のすぐ近くには検査器具を保持している修理屋さんがいくつか点在しているはずだ。
検査時の注意点としてはヘッドライトをハイビームにしておくことくらいだろうか。前輪を機械で固定して測定するため、前輪が何かの拍子に左右にぶれている場合も不合格になることがある。(今回お世話になった修理屋さんの測定器は前輪を固定しないものだった。特に意識せずに測ってもらったら「ばっちりあってんじゃねえか!どうなってんだ!」って言われてしまった。「測定結果の紙は?ない?そういうのもらってこなきゃだめだよ!」と。だってその紙くれるはずの小屋の前で待ってても検査員さん来てくれなかったからさ・・・。※後で知ったのだが、待つ場所が違ったらしい。)
老練なおっちゃんが、タイヤの向きを疑ってくれて無事に直してもらえた。だいたい2500円くらいでヘッドライトのずれは直してくれる。

今回はもう1点引っかかってしまった。…

ログインして続きを読む