こんにちは、ダブルワーカーのよいこです。

以前アメリカの厄介な度量衡のことを書いたので、今回は自動車社会アメリカと日本との交通ルールの違いについて、アメリカで実際に車を運転していて気がつく点を中心に書いてみます。

まずアメリカに行ったことのない人でも知っていることからです。


1.アメリカは右側通行

アメリカでは自動車は右側通行で、日本の逆。ほとんどの車が左ハンドルです。
世界的には大半の国が右側通行なので、日本のような左側通行のほうが珍しいのですが、右側通行での運転に慣れてないと、まず面食らいます。流石に直進は問題ないでしょうが、狭い道とかだと左折して反対車線に入ってしまったりするかもしれません。
私も大昔最初にアメリカで運転した時にはやりました。(+_+;)



次に、色々な面で交通ルールが違います。


2. 赤信号でも右折できる

交差点での右折(日本で言う左折)は特別な指示がないところは、赤信号でも左から車が来なければ進んでもいい。ことになっています。ただし「NO TURN ON RED」というサインが信号のところにある場合だけはだめ。
これ日本だと正面が赤信号でも右から車が来なければ左折していい、ということになりますが、日本ではそんなことするともちろん信号無視になってしまいます。ちなみにアメリカでは赤信号でも右折できるとは言っても、自分の前の車が直進で動かない場合は、もちろん諦めて待つしかありません。後ろから文句言う人はいません。

No turn on Redのサインがあれば赤信号での右折はできないが、それ以外はOK


3. 左折信号は直進信号の一番最初に出る

 意外と触れられていることがないのがこれです。実はこれ絶対ではなく例外もあるのですが、でもほとんどの信号はこの通りです。日本の場合、右折信号は通常は直進信号の一番最後に出るので、全く逆ということです。


4.「4-WAY STOP」が多い

日本の場合、信号のない裏道の路地などの交差点でもどちらかを優先道路にしていて、優先でないほうには一時停止サインがついていることがほとんどですが、アメリカの場合では路地裏の十字路などは、「4-WAY STOP」または「STOP ALL WAY」という停止サインが4方向全てについているところがたくさんあります。
意味としては「どの方向から交差点に入っても全て一時停止して、最初に止まった車からスタートしていい」というルールです。
なお、どの車が最初に止まったのか、は紳士的に判断し、「ほぼ同時に止まった場合については、右側が優先」という決まりです。

ALL WAYではなく、4 WAYという表記も多い


5. 踏切では一時停止しない

日本と違い鉄道の少ないアメリカでは、遮断機がなっていない踏切では一時停止する必要ありません。逆に日本の感覚で一時停止してしまうと危ないです。(ただし踏切自体が少ないですが)AMTRAK(大陸横断鉄道)の踏切などで、ごくたまにしか電車が来ない踏切で一々一時停止するのは意味がないし円滑な交通の邪魔にしかならない、ということでしょう。

日本のようにしょっちゅう電車が来ることがないので、基本はノンストップで通過


6. 左折専用センターイエローレーンがある

交通量の多い複数車線の道路の中央に左折専用センターイエローレーン(Shared Left-Turn LaneとかCenter Turning Laneとか言います)というものが結構あります。
片側2〜3車線で車の多い大通りなどで、真ん中に1車線、両側をイエローラインで仕切った中央車線がよくあります。これは、直進道路から左折するときに、対向車が切れるのを待つために使えるレーンであり、またはこういう大きな道路に道沿いの店や側道から左折して出たい時に、とりあえず左からくる車が切れたら、スタートして左折してこの車線に入り、後続車が切れるのを待って本線に入るために使える車線です。これも日本にはありません。 なかなか合理的で好きなのですが、ただでさえ道幅の狭い日本ではまあ無理でしょうね。さらに1車線増やすっていうのは。

左折専用レーンは両側の車が使う


7. ラウンドアバウトは日本とは逆に反時計回り

日本でも最近増えてきた交差点の真ん中に円状に周回道路がある交差点をラウンドアバウトと言います。日本の場合はラウンドアバウトでは左折して時計回りに回るように決められていますが、アメリカでは逆になっています。まあこれは右側通行の左側通行の違いと同じことなんですが・・・


8. フリーウェイは基本無料

日本の高速道路に当たるアメリカのフリーウェイは無料で通行できます。アメリカ全土に張り巡らされていて、どこに行くにもよく使いますが、そのかわり日本の高速のようなサービスエリアとかパーキングエリアのようなものは皆無です。トイレすらまずありません。(今までにロスからラスベガスに行くフリーウェイで1箇所だけトイレがあったことがありますが、それ以外はお目にかかったことはありません。)
ガソリンやトイレはフリーウェイの出口付近には大抵ガソリンスタンドがあるので、トイレに行きたくなったら一旦フリーウェイを降りて、ちかくのガソリンスタンドでトイレを済ませて、またすぐにフリーウェイに戻ったりします。
ちなみにアメリカのガソリンスタンドはコンビニのように飲料やスナックなどが買えますし、必ずトイレがあるので、結構使えます。公衆トイレの少ないアメリカでは、ガソリンを入れないでトイレだけのためにもよく利用しますが、全然OKです。


9. Carpoolというシステムがある

都市部などではフリーウェイの一番センター側にカープール(Carpool)とかプールレーンと言われる、ひし形のマークが路面や中央部のサインに表示されているレーンがあります。
このカープール、アメリカ旅行でドライブしたことがある人でも意外と知らない人が多いのですが、2人もしくは3人以上の人が乗車している車だけが走行していい車線で、何人以上で通行できるかは、サインに「2 or more」(2人以上)とか「3 or more」(3人以上)というように書かれています。場所によってはHOV LANE (High Occupancy Vehicle)と書かれていることもありますが。
移動手段として電車のほとんどないアメリカでは圧倒的に1人で運転している車が多いので、このシステムが都市部などの渋滞緩和につながるということで設けられていて、条件を満たしていない車が走行して見つかってしまうと、数百ドルから1000ドルとかの高額な罰金が待っています。

交通量の多いところにあるCar Poolレーン(曜日や時間帯限定でCar Poolになるところもあり)

あとは交通ルールではないですが・・・


10. お礼のハザードは使わない

アメリカでは日本と違い、車のハザードランプは危険などを後続車に伝えるために使うことはあっても、割り込ませてもらったときのお礼などに点滅させることはありません。


11. 駐車場は頭入れ駐車

アメリカでは駐車場に車を停めるときには、原則前進駐車するようになっています。日本ではほとんどの駐車場はバック駐車するのが当たり前ですが、アメリカではバック駐車する人はあまりいません。(ゼロではありませんが)。
馬鹿でかいショッピングセンターの駐車場で見てみると9割近くが前進駐車しています。ではバック駐車がマナー違反か、というとそういうわけではありません。(家や壁、植え込みの植物に排気ガスをぶちまけるバック駐車はいかん、という考え方もありますが。そういう状況じゃない駐車スペースも多いですし。)
1台ごとの駐車スペースの幅が広く、通路も広いアメリカでは、わざわざ面倒なバック駐車などしなくていいから、というのもあると思いますし、バック駐車するテクがない人が多い、というのもあるかもしれません。買い物の多いアメリカではトランクに荷物を積み込むのに前進駐車のほうが楽だから、というのも理由のひとつでしょう。
なお、日本ではあまりお目にかからないのですが、アメリカでは駐車スペースが通路に対して垂直に並んでいるのではなく、斜めになっている駐車場も多く、こういう駐車場はさらに前進駐車が楽にできるようになっています。こういう駐車場でバック駐車する人は流石にいませんね。

斜め入れの駐車場もアメリカには多い。この場合は頭入れ駐車のみ


12. 自転車は原則、自動車と同じ

自動車の交通ルールではないですが、自転車の通行は車と同じで、「歩道を走ることは禁止」「車道の逆走は禁止」「通行車線を守る」というようになっています。なお、左折(日本で言う右折)時には、二段階左折してもかまいませんが、センターライン側の左折専用車線に入って車と同じように左折できます。(これは日本では認められていませんが)。また交差点の手前から右折専用車線ができている場合は、道路の右端の走行は禁止されていて、直進車線の右端を走ることが義務付けられています。(日本ではこれもダメ)。
それから日本では大丈夫な一方通行の逆走もダメです。ということで自転車は基本「自動車と同じ」と思っていれば間違いありません。
もっとも日本のように近場の移動にママチャリを使うような人はほぼいないので、これで成り立っているとも言えますが。
(日本で自転車のセンターライン右折を義務付けたら都市部では渋滞と事故が発生しまくってマヒしちゃうでしょうし・・)



まだまだ色々ありますが、よく遭遇するのだけでもこんなにルールが違います。日本で運転しない人にとってはなんのことかピンとこないことばかりだと思いますが考え方の違いとか国民性の違いも見えて面白いです。


 

サンフランシスコだけの事情も・・・
ちなみに先週サンフランシスコ付近に行ってたのですが、サンフランシスコっていうのは地図にあるようにサンスランシスコ湾をはさんで海側(西側)にダウンタウンや中心地があり、有名なゴールデンゲートブリッジをはじめとしてサンフランシスコ湾を渡る橋が5本あります。これらの橋は、全て半島側に入るとき=東から西に渡る時(ゴールデンゲートブリッジは北から南に渡る時)は有料(時間帯にもよりますが5〜10ドルくらい。車種は問わずに一律です。)で、逆に出て行く方向は無料、となっています。
このへんの考え方も面白いですね。

また変わったルールだと、坂で有名なサンフランシスコ市街部にはかなりの激坂が多く、そういう坂道に対して縦列駐車するときは、坂の上を向いて道路の右端に車を停める場合は、ハンドルを左折時のように左に切って駐車し、逆に坂の下を向いて道路右側に停める場合には、ハンドルを右折のように右に切って停めないと、違反となり切符を切られて罰金になります。(一方通行で道路の左側に停める場合はその逆になります。)
坂で万一車が動きそうになってしまっても歩道との境で車が動いてしまうのが止まるように、ということなんですが。
昔、初めてサンフランシスコに行った時に、これを知らずに、危うく違反キップを切られそうになりました。(+_+;)
それでも信じられないくらいの斜度の坂が多いところに路上駐車が多いのには驚かされます。坂道発進相当うまくなるでしょうね。こういうところに住んでいれば。

ちなみに、サンフランシスコにも最近都内で見かけるのと同じようなコミュニティサイクル(レンタル自転車)が登場していますが、流石に電動アシスト付きでした。でないと坂道だらけなのでキツイでしょうし。

<おまけ>
先週はサンフランシスコとは言っても街中にはほとんど行かずにこんなところを走ってました。一応仕事なんですが・・

サンフランシスコ湾東岸Berkeleyからさらに東に入ったMorgan territoryというところ