ダブルワーカーのよいこです。歳時ネタを一発。



2020年11月27日金曜日。
今朝の新聞折込チラシにこんなのが入っていました。

今朝入っていたCoopの新聞折込チラシ

ウチの近所でよく行くスーパー「COOP(生協)」のチラシです。

今日はブラックフライデー。

日本では、4〜5年前位からか、Amazonあたりが開始して、それが年々広まってきて「ブラックフライデー・セール」を様々な小売業などがやるようになってきたので、誰もが聞いたことがあると思いますが、このブラックフライデーが始まった発端となっているサンクスギビングデーの習慣のない日本や日本人にとっては、全然ピンとこないセールだと思います。

サンクスギビングデー、「感謝祭」とも訳されていますが、毎年11月の第四木曜日がこの日に当たり、日本のように国民の祝日の多くないアメリカにとっては数少ない貴重な祝日で、この日を含めて、その週末の日曜までの4連休にするところも多く、行事の意味は違いますが、日本のお盆やお正月のように、サンクスギビングデーは実家などで家族で過ごすというのがアメリカでは一般的になっていて、そのための国内大移動が発生します。(今年は新型コロナウイルス禍なので、移動もかなり抑止されたことと思いますが。)

サンクスギビングデーの家族との夕食のために、この日はお休みにする小売店も多く、大きなチェーンストアでも午前中だけの営業とか、頑張って開いてても16:00までとか、早めの店じまいをするところが多いため、海外旅行で、ちょうどこの日にアメリカ本土やハワイなどにいると、買い物がかなりできなくなるので要注意です。
そしてその翌日の金曜日、つまり今年の場合は今日が、ブラックフライデーと呼ばれています。

サンクスギビングデー明けで、サンクスギビングデーでの家族へのお土産やプレゼントの売れ残り品を一斉に安売りする日、という側面もあれば、このサンクスギビングデーを皮切りとしてクリスマスにむけた年間最大の商戦期のスタート日でもあり、一気に消費意欲を拡大していくための派手なセールがアメリカでは開始になり、休暇中の人々がセールの買い物に殺到し、どの小売店も盛況で「黒字になる金曜日」ということで、「ブラックフライデー」と言われています。(本当の語源は違う意味だったようですが。)

そしてアメリカ本拠のアマゾンがオンラインで大々的なセールを展開して、莫大な売り上げを獲得したことに味を占めたのか、サンクスギビングの習慣の全くない日本でも、アマゾンジャパンが本国連動でのブラックフライデーを展開しはじめたことが、日本における今日のブラックフライデーセールの広がりを作ってきました。
元々、小売業にとっては、販売機会が多ければ多いに越したことがないので、歳時など、とにかく消費者の財布の紐を緩ませれる機会があれば、その由緒などどうでもいい、というのが本音。日本でも年末のボーナス商戦、クリスマスプレゼント商戦の幕開けをドカンとセールを打ち立ててスタートさせることができるので、言わば「渡りに船」というところでしょう。

今年もアマゾンをはじめ、様々なオンラインショップや小売実店舗で、ブラックフライデーセールが展開されています。

冒頭に写真を載せたチラシの配布元のCoopは、ウチの近所の4つのスーパーマーケットの中では、最も高齢者の客層の多い店です。
インターネットも活用していないような年齢の方も多いはずなので、恐らくこんなに大々的にブラックフライデーと言われても、何のことか全然ピンとこないというかわからない方が大半ではないかと思います。

私たち日本人の普通の感覚だと「ブラック」というと悪いイメージのほうが多いはずです。「暗黒」「腹黒い」「黒幕」「黒歴史」「ブラックマーケット」「ブラック企業」「ブラック大魔王」(^_^;) 等々、黒という色の持つイメージは邪悪と言うか、マイナスのイメージを持つ人が多い中で、ここまで堂々と顧客年齢層の高い生協が「BLACK FRIDAY」と、打ち出してくるのには、ちょっと驚いてしまいました。(゚Д゚)
なかなか思い切りましたね。でも、知らない人はどう思うことでしょう・・・・。

とりあえず、このチラシに載ってるメキシコ産アボカド、恐らく小玉でしょうけど、78円と言うのは通常より20円位安いので、帰ったら買いに走ろうかな。
鶏モモ肉も100グラム単価マイナス20円くらいだし・・・ (^o^)


P.S.
ブラックフライデーの前日、昨日はサンクスギビングデー。サンクスギビングデーと言えば「ターキー(七面鳥)」というのがアメリカの定番ディナーです。
日本ではあまり一般的には売られてませんが、大きな冷凍のターキー・ホール(丸鶏)を買ってきて、中に詰め物をしたりしてデカいオーブンで焼いて家族みんなで捌いて食べるというのがポピューラー。このターキー、チキンの胸肉と並んで、ホワイトミートの代表格で、アメリカでは「ヘルシー食材」としてよく食べられています。サラダやサンドイッチとかに使われることも多いし。
ただし、その生きている姿はかなりユニークというかややグロっぽいので、初めて見る方は驚くかもしれません。(^_^;)
写真を貼っておきますが、こんな感じです。チキンと比べて大きさも数倍あり、かなりデカいです。

ターキー、かなりインパクトのあるルックスです(^_^;)


市場に出回っているのは飼育されたターキーですが、以前サンフランシスコ郊外の人里離れた丘陵地帯でバイクライドしているときに、偶然に野生のターキー達に遭遇したことがあります。
その時はびっくりしましたね。こんな形相をした生きてるターキーが何羽もそこらへんを歩いていたので・・・ ヽ(; ゚д゚)ノ