ダブルワーカーのよいこです。
今年は、10月下旬から11月上旬くらいの時期に本業の関係で、沖縄に行く予定にしていたのですが、ちょうどGo to トラベルキャンペーンと時期がマッチしたので、このキャンペーンを使って先週末に沖縄に行ってきました。

Go toトラベルキャンペーン、すでに活用している方も多いと思いますが、一言で言えば「旅行代金のうち、対象宿泊施設での宿泊代金が35%OFFで65%になり、さらに15%の旅行中に使えるクーポンをもらえる」というキャンペーン。
個人手配で、現地までのエアや電車の往復交通手段と宿泊先を別々に手配すると、宿泊代以外は対象外となってしまうのに、旅行会社を通して現地までの往復と現地での宿泊や食事などのトータルでのパッケージツアーを手配した場合は、全部の旅行代金が割引対象となるので、明らかにパック旅行を利用したほうがトクになる、という仕組み。しかも、キャンペーン割引をゲットするための手続きは全部旅行会社がやってくれるので何もしなくていいのです。

今回の沖縄行きに関しては、本島北部の今帰仁村というところが目的地なのですが、そこを目的地にしたパックツアーは残念ながらないので、その手前の名護を目的地にした2泊3日のツアーを使うことにしました。

元々、沖縄はGWとか夏休みなどのピークシーズンを外すと旅行費用がかなり安くなります。
名護のホテル2泊と現地での滞在中3日間のレンタカーと羽田〜沖縄間の往復航空運賃を入れたパッケージツアーが、一人45,000円。(単身だとこの金額にはなりません。2人単位での一人分の料金です。)
これでも十分リーズナブルですが、これがGo toトラベルキャンペーンの割引により、一人29,250円となるので、超格安!
なんと新幹線のぞみでの東京〜新大阪往復料金よりも安くなってしまうのです。
しかもエアに2泊の朝食付宿泊やレンタカーまでついてこの値段です。

さらに現地で食事や買い物に使える地域共通クーポンが一人6,750円もらえるので、それを旅行代金から差し引くと一人22,500円になってしまいます。信じられない安さです。\(^o^)/
キャンペーン自体の賛否はあるものの、使わないともったいないですね。

ちなみにこのキャンペーンに付いてくる旅行先で使える地域共通クーポンですが、紙のクーポンとスマホを使った電子クーポンの2種類があり、私が使った旅行会社の場合は、電子クーポンのみの発行だったので、Go toトラベルのクーポン利用店舗検索サイトで電子クーポン対応の店を探しましたが、ある程度使える店が限られるため、曜日や場所によっては、早めに予約しておかないと満席になったりするようです。電子クーポンが使えるのは旅行出発日の15:00以降で、帰路に着くまで。うまく使う必要がありますが、2回夕飯をタダ飯できたのはありがたかったです。(電子クーポン、使い方がやや面倒で、レジで少し時間がかかってしまう難点はありましたが)。


先週末は、ちょうどロードバイク乗り達にとっては、1年の締め括りとしてシーズン終わりに参加する「ツールド沖縄」という、日本最大の市民レースを中心とした大きなイベントが沖縄本島名護にて毎年開催されていて、全国からロードバイク乗り達が沖縄に集まるのですが、残念ながら今年は新型コロナウイルス禍により開催中止。
それでも毎年予定しているロード乗りで、すでに毎年この時期の休暇を取っていたために、開催中止にもかかわらずプライベートライドしに沖縄入りしているライダー達も何人か見かけました。
今回の私の沖縄訪問目的は、このイベントとは別件なのですが、沖縄での新イベント企画や打ち合わせも兼ねた旅行で、せっかくなので、バイクを持っていき、現地でのライドや観光も含めて3年ぶりの沖縄を満喫してきました。

残念ながらお天気は今ひとつぱっとしなかったのですが、それでも日曜日午前中はわりといい天気で、今回は仕事の都合もあり、海に入りましたが、晴れて30度近い暑さの中、まだ海水温度も暖かく、気持ちよく泳げました。
地元の人は3月〜10月までしか海には入らないみたいですが・・・。

P.S.
Go to トラベルキャンペーン、2021年1月末までの予定を、対象期間をさらに延長することを現在政府が検討しています。
帰国時の2週間自主軟禁なしで海外旅行に行けるようになるには、まだまだ時間がかかりそうな気もしますし、ぜひお得なので、この機会にパック旅行の豊富な北海道とか沖縄に遊びに行くというのはいかがでしょうか。