こんにちは、ダブルワーカーのよいこ@テレワーク中です。
今回の新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で、オンラインショッピングする人が増えている様です。
そこで、というわけではないですが、オンラインショッピングネタを。



通常、アマゾンや楽天、ヤフーショッピングなど、国内の大手サイトを使う方は多いと思いますが、私の場合、「安く手に入るものを高い値段で買うのは嫌」なので、国内ショッピングサイトに限らずに欲しいものがあると色々と探します。
海外サイトの場合、安く買えても送料が高いのでは、と思うかもしれませんが、実はそんなことはなかったりします。
商品代金+送料のトータルコストで考え、それにプラスするとすれば、到着までの日数ももちろん考慮材料にはなりますが、明らかに海外サイトで買った方が安いものもあるのです。(もちろん海外の詐欺サイトには十分注意が必要ですが。)

欲しいものがあると、その商品のカテゴリーに応じて、日本も海外も問わずに探す、というのが私のショッピングスタイルです。
一般的なものは、本国USA Amazonでも探しますし。(ただし日本への発送不可の商品も結構ありますが。)

本業の自転車関係も、イギリスをはじめとしていくつもの有名なショッピングサイトがあり、いずれも日本語化されていて、サポートも日本語のやりとりができるサイトがいくつかあります。驚くのは、国産大手メーカーの製品も日本で買うより、海外通販で買った方が安かったりするのです。(^_^;)

アウトドアグッズ系も海外ブランドが多いので同様に海外のアウトドアグッズ専門サイトでまず探します。

その他にも日本だとヤフオクやメルカリなどのオークションサイトやフリマサイトもチェックしますし、以外と利用しているのが、アメリカのオークションサイト最大手のebayです。日本への発送をしてくれない商品も出品されていますが、こういうオークション系サイトでも中古だけでなく新品の商品も結構出ていたりするので、競争相手がいないとかなり安く落札できることもあるのです。

と、前フリが長くなりましたが、今回は、私のオンラインショッピングで結構利用しているショッピングサイトの中で、ちょっと異色な中国のショッピングサイトをご紹介します。

中国というと、私も含めてあまりよくないイメージを持つ人も多いと思いますが、何しろ激安!日本で買うより半程度から、モノによっては、2〜3割くらいで買えたりしちゃうのです。
まともなサイトを選べば、中国サイトだから買い物をしても品物を送ってこない、といういいかげんなこともなありません。
その中で日本語対応もそこそこできている、よく使うサイトを3つご紹介します。



Ali Express

Ali Express

中国のアリババグループの運営するショッピングサイト。Amazonや楽天のようなモール型なので、いろいろなショップが出店していて、ファッションから家具から家電その他、様々なジャンルの商品を扱っています。
ログイン認証もスマホを使った二段階認証を導入しているのはセキュリティ面ではいいのですが、6桁の認証コードをメールで送ってくるのにかなり時間がかかったりすることもあるのが難点です。表示はある程度日本語化されていますが、英語表示になるところも結構あったりします。買い物はUSドル建てで。
私はスマホやジンバルカメラ、ドローンなどのガジェット系のアクセサリー類をよく買っています。



Banggood

Banggood

同じく中国のショッピングサイトで、色々なジャンルの商品を扱っています。
日本語化もできていますが、買い物はUSドル建てになります。
このサイトで私は中国メーカーのポケットジンバルビデオカメラと同じく中国メーカーのスマートウォッチを購入しました。
商品受け取りまで時間は結構かかりましたが、日本で買うより全然安かったですね。
ちなみにスマートウオッチは、注文したあと、納品がかなり遅れたので、注文キャンセルしましたが、キャンセル処理もスムーズにできています。



Gearbest

Gearbest

ここも同様で、色々なジャンルの商品を扱っています。
日本語化もできています。買い物はやはりUSドル建てになります。
私はここで今使っている中国メーカーのスマートウォッチと、同じく中国メーカーのBluetoothワイヤレスヘッドセット(イヤホン)などを買っています。



という感じですが、これらの中国ショッピングサイトを使うには、いくつかポイントがあり、そこさえ押さえておけば大丈夫。

ポイント1:到着までかなり待ってもいいものしか買わない
日本のAmazonとかでの買い物に慣れていると、買ったら翌日には届く、というのに慣れてしまってたりしますが、中華サイトでは、そういう意識は捨てることです。
激安な上に「送料無料」だったりするかわりに、平気で届くまで、2〜3週間から1〜2ヶ月かかる場合もありますし、マイページのステータスで「配達完了」となっていても、品物が届かない、ということもザラです。向こうのサイトで「配達完了」というのは「出荷国での出荷手配が完了した」というだけだったりするのです。

ポイント2:返品交換のリスクのあるものはなるべく買わない
これは中華系だけではなく海外通販全般に言えることですが、返品や交換が面倒だったりしますので、そういうリスクのあるものは、日本のAmazon とかで買った方がいいでしょう。余計なストレスを背負い込んでしまわないためにも。

ポイント3:ハズレかもしれない、という覚悟はある程度は必要。
結構パチモンのいいかげんな商品もあったりするので、モノによっては、外れても安いからいいや、というくらいで買うことも必要です。私は買ったことがないですが、衣料品はかなり注意が必要だと思います。いいかげんな縫製だったり、サイズが全然違ったり、頼んだのと違う色やデザインが届いたり、とかいうことがよくあるようなので。

ポイント4:ワールドワイドブランドのものは探さないし期待しない。
中華系サイトでは、中国ブランドを除いた世界的なブランドのものは探さないことです。ノーブランドでいいものか、中国ブランドものを買うときだけにしておきましょう。中国ブランド以外だと、偽物をつかまされるリスクもありますから。

ポイント5:セールをチェック!
セールでさらに激安になる時や激安商品が出るので、たまにチェックしておくようにするのと、これらの中華サイトで欲しいものがある時は、1つのサイトで見つけても色々他のサイトでも見ること。同じ中華系サイトでも、結構値段が違うことがあるので。

ポイント6:発送方法を選ぼう!
基本「送料無料〜」というのが中華サイトの最大の特徴ですが、当然のごとく無料だとかなり待たされたりします。
そのかわり、商品ごとに配送方法をオプションで選べて、無料だと例えば30〜50日かかる(このへんも結構いいかげん)けど、2〜3ドルだせば、13日〜30日、5ドルくらいだせば10〜20日とかいうように、さらに早く届く届くようにすることも可能です。
とはいえ、送料無料で2ドルの商品を買って、送料5ドルとかブラスするのはバカらしいので、オプションで早く届くようにする場合でもまあ程よいバランスの発送方法を選べばいいかと思います。それから、配達日数はあくまでも目安だと思うことです。オプションで早くしたのに予定日過ぎても届かない、ということもザラにありますので、過度の期待は禁物です。

ちなみに私は中華サイトで色々買ってますが、一例をあげるとこんな感じです。

写真にはスマートウオッチ本体や、ポケットジンバルビデオカメラ本体などの200ドル前後の物も写っていますが、それでも日本で買うよりは割安に買えてます。
さらに値段を表示してあるモノなどは、この値段で全部個別の送料込みだから驚きです。いくら安い船便での国際郵便とはいえ、送料込でトータル1〜2ドルとか、ありえないでしょう。
品物ほとんどタダ同然って感じです・・(°O°)

こういうことがあるので、スマホやタブレットをはじめとしたガジェット系のアクセサリー類は、よほど急ぐもの以外はまず中華サイトで探します。
あとは期待しないで気長に待てるかどうか、それに尽きますね。中華サイトと付き合えるかどうかは。

よかったらお試しあれ。(ただし失敗しても私は責任取りませんので)

P.S.
中華サイトから届く荷物は、Amazonのように段ボール箱に入ってはきません。この写真のようにグレーとか黒の怪しげなビニール袋に入ってポストに投函されて届きます。(一応防水だけど)
なお、配送方法によっては、Fedexなどの国際宅配便の場合もあり、その時は投函ではなく手渡しで届けてくれますが。

中華サイトから届く商品の一般的な荷姿