ダブルワーカーのよいこです。

前回に引き続き「まっしろになったこと」第2位の発表です。

第2位:コンド予約事件(2017年)
2017年9月マウイ島。今回のツアーはマウイ3泊+オアフ4泊の2島ツアー。ツアー本体よりも1日早く現地入りした私はもうひとりの先乗りメンバーと2人でトラック1台とミニバン2台をレンタル調達し、マウイ島カフルイ空港にて昼前に到着するツアー本隊をお出迎え。
2台のミニバンと荷物用のトラックで、島の反対側のラハイナにあるコンドミニアムに向け出発!

私が組むツアーは味気ない普通のツインとかのホテルルームは極力使わずに、できるだけ全員が入れるでかいバケーションレンタル(日本でいう貸別荘)を使うか、いい物件がない場合は、4人1部屋で入れる「ベッド4台が確保できる」フルキッチン&ダイニング付きのコンドミニアムにして、「基本朝食と夕食は自炊!」という、いわば大人の合宿、というのがポリシー。
みんなでスーパーに買い出しに行き、メニューを考えながら食材を買ったりとかするのも楽しいし、外食なんかより安くてうまいものは作れるし、酒も浴びるように飲んでも激安だし、そのまま移動しないで寝れるのでラクだし、メンバー同士のコミュニケーションもとれるしということで、今回のマウイ滞在もラハイナにあるコンドミニアム。ちょっと古いけどプールもいいし、ラハイナの町まで歩いてすぐで立地も便利なので、このコンドミニアムを使うのは4回目。

マウイの常宿はのどかな Outrigger Aina Nalu

マウイ島も観光産業メインなので当然宿泊キャパは相当あるのだが、4人用にベッド4台確保できるコンドミニアム、というのは実はそんなに多くない。
アメリカの場合は夫婦やカップルは基本同じベッドで寝るので、観光地の宿泊施設の場合、でかいベッドルームがあってもキングサイズベッド1台だけ、というのが多いのがその理由。
しかし、さすがにいい歳したオヤジ同士だと、1台のキングサイズベッドに2人で寝る、というのはできれば避けたいので、ベッド台数にこだわるとソファーベッドも入れてベッド4台確保できるのはベッドルームが2つある「ツーベッドルーム」のコンドミニアムになってしまうのだが、ホテルや山ほどあってもツーベッドルームコンドミニアムは実はすごく少ないのです。
なので、ツアーの手配をするときはまずエアよりも先にツアー日程が決まったらネイバーアイランド(オアフ島以外の島)のコンドミニアムかバケーションレンタルの確保、が最初。
今回もまず最初にマウイで3泊するコンドミニアム(今日からお世話になるところ)を4部屋確保してから、ツアーの諸手配を進行してきたのです。

向かう先のコンドミニアムはマウイツアーでの常宿で、3年ぶり。(前年とその前年はマウイ島ではなくハワイ島だったので)

3台の車で移動すること30分強、無事コンドミニアムに到着。ちょっと早いけどもうチェックインできるかな、ということでみんなを駐車場に待機させておいてチェックイン手続きに。

レセプションデスクにいるおばちゃんスタッフにプリントして持参した予約確認書を渡してチェックインを依頼。
おばちゃんは書類を見ながらPC端末をガチャガチャといじり始める。
私も座って「さあ今年もスタートだ!トラブルなく無事に終わって欲しいね・・」と思いにふけりながら、おばちゃんのフィードバック待ち。
するとオバちゃんが困った顔して「予約は入ってませんよ」と。
えっ?

「いやいや何言ってるの、ここに書いてあるでしょ。」とおばちゃんが手にしている書類を借りて、予約内容のところを指し示す。
「ほら、見てよ。日付も今日から3泊で、ツーベッドルーム4部屋になっているでしょう!」
確かに今日から3泊で2ベッドルームが4部屋予約になっている。

おばちゃんは再度そこを確認して、またPC端末をガチャガチャ。
そしてやっぱり予約入ってませんね。と困り顔。
「いやそれはおかしいって。これエクスペディア経由で予約入れているから、エクスペディアに連絡を入れて確認して!」と私。

そこにもうひとりのスタッフのおばちゃんが登場。おばちゃんは登場したもう一人に状況を話して、おかしいね、でも予約本当に入ってないから、と言って
エクスペディアに電話を。
電話で事情を話しているおばちゃんを待っていると、電話をつなげたまま、おばちゃんが書類をこっちにまた渡してきて
目をまるまる見開いて驚いた表情で、
「これうちじゃないよ。」
と書類上部にあるホテル名のところを指で示してる・・・・
えっ?
何???
と書類を改めてみると、そこに記されているホテル名はたしかに、馴染みのあるコンドミニアムの名前で・・・
あれ、なんか違う?
あれ?
って・・・?
・・・・

うわあああああああああ!!!!
これって、いつものコンドミニアムだけど、ハワイ島で使ってるコンドミニアムじゃないかああああ!!!
ド━(゚Д゚)━ン!!
うっそ〜〜〜〜おおお!!!!
間違えてハワイ島のコンドミニアム予約してしまったあああ!!!!!!!!

( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )

あまりの衝撃に、一瞬頭の中がまっしろに・・・・・・・・・・・・・・・・

( ゚д゚ )
( ゚д゚ )
( ゚д゚ )


ということは
今日から3泊のみんなの宿泊予約がない
っていうこと・・・???


ショックで呆然としていたら、おばちゃんに「電話を代わって!」と言われて、我にかえって受話器を取ったらエクスペディアで、「ハワイ島のコンドミニアム、今日から3泊4部屋予約入ってますけど、これから来ますか?」と・・・

いやいや無理です。ごめんなさい!とお詫びしてドタキャンさせてもらうことに。(当然キャンセル料はかかるだろうけど、無理なものは無理なので・・・)

呆れ顔というか苦笑いしているおばちゃんに「おばちゃん、空いてる部屋ない?」
無理だとは思ったけど一応聞いてみると
おばちゃん 「ごめんね、満室なの・・」と無情の答え・・・
そりゃあそうだよね・・・_| ̄|○ il||li


( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )
16人が宿泊難民決定!!!
ォォオオー!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ オオォォー!!


(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ
冗談じゃない!
とりあえず今晩から3日間の宿、何がなんでも今からなんとか探さないと!!!!

でも、ツーベッドのコンドミニアムを今晩から3泊、しかも4部屋もなんて今更無理だよ・・・。ツアーで一番手配が難しいから、いつも真っ先に手配をしているマウイでの宿泊先なのに・・・。
それを当日に探すなんて、ありえない・・・・。

探すにしても希望条件のハードルが高いことを知っているから、
絶望的というかお先真っ暗・・・・・
||||(●Ω●;)||||

おばちゃん達も、このへんのホテルで聞いてみるね、とあまりにも気の毒に思ったのか、ホテル探しを手伝いはじめてくれた。

いずれにしてもここには泊まれないのだし、取り急ぎ駐車場にいるツアーメンバーたちのところへ。
と、普段なら動きが遅いツアーメンバー達なのだが、こういう時に限って何故か気を利かせてトラックから全部のバイクや荷物をすでにおろして駐車場の一角に置いてある。ヽ(゚Д゚;)ノ!!
はあああ・・・どうしてこういう時に限って動きが早いわけ・・・・・!! 
_| ̄|○

自分の手配ミスでここには泊まれないことをみんなに話して、荷物をとりあえず全部トラックに戻すように伝えるとみんなは驚愕の模様。
「エエエエエ!!!ハワイ島のコンドを手配しちゃったの??」
「うっそ〜〜!!」
「それって!泊まるところないってことぉ??」
メンバーの多くは知ってる連中なので、まさか私がそんなおバカなことするとは信じられない様子。

ごめんなさい、これから3日間の宿、今から探さないとないんです・・・と平謝りの私。
中には「ビーチで寝るかあ!」などと冗談を飛ばしているメンバーも。・・・・私だけは笑えない・・・・(TдT)

すぐにレセプションに戻ってiPadでとりあえず宿泊先を探しはじめる。
おばちゃん達もまだ見つけれてない模様。
手っ取り早くエクスペディアで探すけど、エクスペディアは翌日以降の空き状況しかわからない仕組みなので、明日から2泊空いているツーベッドルームのコンドミニアムを探したところ、なななんと、数キロ先のカアナパリというリゾートホテルエリアに1軒だけ空いてそうなコンドを発見。しかも4部屋空いてる感じ。あとは今日も空いているかどうか、だ。
値段は高いがこの際、そんなことを言ってる場合ではないし、すぐに電話して今晩も空いているかどうか、とベッドの台数と値段を確認。
なんと、ほんとに奇跡的に今晩から4部屋、ツーベッドルームコンドミニアムが空いていることが判明!

やったああああああ!!
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ


この時の嬉しさと言ったら、もう舞い上がって踊りたくなるくらい!!
絶望のどん底から一気に天国に跳ね上がったって、こういう感じなんだろうか。

おばちゃん達にお礼を言って、みんなの待つ駐車場へ。
部屋を見つけれたことに驚いているみんなを車に乗せて、3台で新しい宿泊先に移動。
「さっすがー」「すごいね〜」と感心して褒めてくれるけど全然嬉しくない・・・

カアナパリビーチまで大移動して無事にチェックイン手続きも終わり、みんなを4部屋に入れてやっと一安心。
こっちは高層の新しいコンドミニアムで、しかもオンザビーチだしあきらかにワンランク格上。そのかわりに料金もワンランク格上だけど、やむなし・・・。(かなり高いので空いてた、のかもしれないが…( ̄▽ ̄;))

なんとかツーベッドルームを4部屋確保できたAston Kaanapali Shores


ミーティングでみんなにスタッフ部屋に集まってもらい、どチョンボのお詫びを・・・

以前のマウイ島ツアーに来たことのある奴は「さっきのとこよりこっちのコンドミニアムのほうがすごい豪華じゃない!」「ここいいね〜。これからはこっちにしようよ」「予約間違えていて結果ラッキーじゃない?!」と人の気も知らないで言いたい放題・・・()´д`()

かなり高そうだけど、差額負担しようか・・
というメンバー達の申し出も固辞させていただきました。私のせいで、ゴメイワクおかけしたんですから・・・
差額はうちの負担ということで・・・結構デカイけど・・。。゚(゚´Д`゚)゚。

ということで、自分のどチョンボであわやツアーメンバー全員が宿泊難民となるところだった、というホントに情けない話でした。

・・・┐(´д`)┌ ヤレヤレ・・ (自業自得デスガ)



次回はさらに「まっしろになった」第1位です。どうなることやら・・・