前回に続き、WordPressで動くプラグインから、テーマやプラグインを直接編集するためのプラグインを紹介する。

今回は「AceIDE」だ。

Aceの名前でピンとくる人もいるだろうか。名前の通り、Cloud9でも用いられているAceエディタをベースに作られたプラグインだ。

プラグインとしての設定項目は多くなく、テーマ、フォントサイズを含むいくつかの項目が設定できる。

wp-content以下のすべてのファイル、フォルダが編集対象として一覧に表示され、権限さえあれば編集が可能だ。
前回紹介したTheme Editorとも違い、タブで1画面で複数のファイルを開くこともできる。
phpに関しては入力の候補としてwordpressの関数も表示される上に、各関数の簡単な説明まで表示されるという優れもの。

wp-content内の画像をクリックすると、外部サービスのオンライン画像編集ツールに飛ばされる。自分が触った限りでは目的の画像の編集に使えるものではなかったが、今後連携されるのであればなかなか興味深い。

また、こちらもまだ実験段階だという注意書きはあるが、Githubとの連携も機能として存在する。

全体としてテーマやプラグインの開発になかなか良い機能がそろっているのではないだろうか。環境によってはphpファイルの保存がうまくいかないケースもあるようだが(今回、自分が使わなかった一番の理由)、そこの問題がないのであれば非常にお勧めなプラグインの一つだろう。